からだは変わる!

運動が続かない人のためのブログ

食後すぐの歯磨きはNG?唾液は超重要です!

こんにちは!

今日は3カ月に一度の歯科健診。

「歯磨きお上手ですね、歯も歯茎も問題ないですよ!」

歯科衛生士さんに褒められて上機嫌な、恩田です。

 

レーニングも歯周ケアも正しいことを習慣化!

 

 

さて、今日はそんな歯周のお話を。

 

歯周と言えば基本は歯磨き!

みなさんは、いつ歯を磨きますか?

 

「そりゃ~、朝昼夜の食後でしょ!」

 

これが一般的ですかね。

子どもの頃から食べたら磨くと教わってきましたもんね。

 

ただ・・、

歯を磨くと、うがいをする際に「唾液」を口から出しますよね。

実はこの「唾液」。

健康のためにとっても大事なんです。

 

え、唾液が大事?

 

唾液は口から入って来る菌を最初に防御してくれる

 

食後は口内に細菌が増殖しやすくなります。

その菌は粘膜から体内に侵入します。

口内は粘膜です。

 

口内細菌が粘膜から体内に侵入するのを防ぐのが「唾液」なのです。

だから、食後に出てくる「唾液」は菌を殺すために一番重要と言われています。

 

「菌⇒粘膜⇒体内」=感染

「菌🔙唾液」=無事

 

その唾液を外に出してしまったら。

菌が粘膜を通過する可能性が高まります。

 

「え、でも食後は歯に食べかすが付いたり、口臭も気になるし・・・」

 

食べかすは歯磨きではなく、爪楊枝や歯間ブラシなどで取り除けばOK。

口臭はガムやミントタブレットなどでいい香りに。

 

菌を殺すための「唾液」。

食後は口内に残すことをおススメします!

 

今日もHappyBranchに来てくれてありがとう。

唾液を「かー、ぺっー」とかやって吐き出してる人をたまに見かけますが。

あの行為は、環境的、対人的、それからご自身の健康的にもよくないですね!